偏差値アップ!効率の良い勉強法とは??時短

「勉強する」ことは、私達が日常生活で自然に行っている「学習する」という行為とはまたひと味違っているからこそ、難しいものです。テストに出る範囲を理解し、提出された問題に対して適切な答えを導き出さなければなりません。日常ではたくさんの答えが用意されているものの、それが受験となると、ほとんどの場合答えは一つで、他の可能性があっても多くありません。

そこで、「勉強する」時に大いに求められるのは、「効率」です。いくら質が伴った勉強を行っても、出題される範囲全てを網羅していなければ意味がありません。小学校で学習する範囲は広く、中学受験となると応用力が求められるので、様々なパターンにも対応しなければなりません。だからこそ、短時間でどれほどの学習成果を上げられるか、どれほど理解力を向上できるか、というような「効率」の向上が欠かせません。

では、具体的にどのようなことを行えるでしょうか。効率を上げるためには、まず自分の目標を明確にしておく必要があります。「あの学校に行って将来はあんなことをしたい」というように明確な目標を、毎回勉強時に思い出すと良いでしょう。明確な目標を思い描いているなら、自然と学習意欲がわき、時間を無駄にしないよう心掛けます。