偏差値アップ!集中力を向上させる方法?果たせる目標

明確な2つの目標が定まったら、それを見える場所に貼るか置いておくかしましょう。短期間と長期間の目標が見える位置にあることによって、目標を遂行しようと努力し達成に向けて多くのことを行えるようになります。ここのポイントは、短期間の目標では高すぎる目標を設定せず、長期間の目標では、あくまで自分にとって現実味のある目標を設定することです。高すぎる目標を設定してしまうと、途中で嫌になってしまうかもしれませんし、達成できなかったときにがっかりします。そういったネガティブな感情はできるだけ避けたいですね。

また、長期間の目標に親などが干渉してしまうと、そもそも子どものやる気や意欲を削いでしまうことになりかねません。本人にとって現実味のある目標や夢であれば、自然とそれに向かってアクセルを踏むことができるからです。

集中力には、普段の日常生活…食事や睡眠といった基本的な生活習慣も大きく影響します。特に朝食は大切です。実際、朝食を摂らない子は摂る子に比べて学習能力などが落ちるといった研究結果も出ています。また、睡眠不足は集中力を低下させます。覚えていると思っていても、実際には頭の中に入らなくなってしまいます。この点でも親はサポートしましょう。