成績アップに大事なのは記憶か?理解か?

偏差値をアップさせるためには、勉強の効率、集中力の向上、そして学ぶ環境が大切であるということを取り上げました。環境が良ければ効率、集中力は向上しますし、効率を向上させるには質の良い集中力がなければなりません。良い環境で、集注して「復習」するなら、簡単には忘れない、定着した記憶と理解を得ることができます。

さて、「覚える」ということよりも、もっと大切なことがあります。それが、「分かる」と言うことです。一見曖昧な表現ですが、「なんとなく」覚えているとか、参考書に載っていたような「気がする」という段階では、分かっていることにはなりません。算数の数式でも、それを理解して、応用できて初めて本当に「分かっている」ことになります。

確実に学んだことを理解し、応用できるなら、それは受験のときにも大いに役立ちます。「分かって」いるので、どんな問題が来ても慌てずに、冷静に答えを導き出すことができるのです。

良い環境で、記憶を定着させるために集中して復習し、それを短時間にコマ分けして行う…そういったように効率の良い勉強ができれば、確実な理解につながります。周りから教えられてなんとなく知識となっていたものが、自分のものになったとき、良い達成感を得ることができます。