塾に通うことについて

中学受験に向けた勉強の仕方というのは、各家庭や子ども、親の考え方により様々です。塾ではなく、自宅で通信教育を行っている家庭もあります。やはり、先ほど考えたように、塾というのは、学校で習ったことをすぐに復習できる利点と、学校では教えられない発展のさせ方を学習することができます。勉強をする環境的にも最適な場所と言えます。ですから、現代でも多くの中学受験を控えた子どもは、塾に通っています。

受験で出題される問題は、いわば小学校のテストで出題されるような問題とは異なります。より基本的な事柄を応用・発展させた問題が出題されます。小学校ではあくまで基礎を学ぶため、受験で必要となる分野までは発展させないことがほとんどです。その点において、塾は学校で学んだ基礎を基に、様々な応用問題を解くことができる、という点でもメリットがあります。

しかし、塾に通うことが必ずしも必要、という訳ではありません。親が家庭で親身になって教えられる場合があります。また、子ども自身が、塾に強い拒否反応を示すことがあります。そういった場合、塾へ通わせることは、逆効果になってしまうかもしれません。もう勉強なんてしたくないと考えてしまうかもしれません。良く子どもと話し合いましょう。