親ができるサポート?サポーター

では実際に、中学受験を控えた子どもに、親ができるサポートとは何でしょうか。それは、たくさんあります。先のページで考えたように、親は子どもが勉強しやすい環境を整えてあげることができます。中学受験を控える位の子ども…その時期の子どもは、自らで意識しなくとも、かなりのストレスにさらされているかもしれません。

将来のことを考えるようになり、なぜ勉強をするのか、なぜ勉強をしなければならないのか、なぜ自分の成績は上がらないのか…などと、周りが思っている以上に悩んでいるかもしれませんし、ストレスを抱えているかもしれません。その点で、親は子どものサポーターであることに徹します。

精神面は成績に大きく影響を与えます。家庭環境や親子間の不和があると、子どもは本来集中しなければならないことに集中できなくなるかもしれません。また親が勉強に関して口うるさく言うなら、なおさら子どもは嫌になって、将来の目標さえ曖昧になってしまうかもしれません。

その年齢の、子どもの芽を摘み取ってしまわないよう、親は充分配慮すべきです。子どもに考えさせ、勉強についても全てを教えようと、また全てを理解させようとしないで、子どもの意見を尊重しましょう。