子どもに「やる気」を与えよう

中学受験を控えた子どもに必要なのは、勉強が「分かる」ための「やる気」です。やる気が削がれてしまう原因が家庭にあるなら、生活環境を見直すことが必要でしょう。また、親のどちらかが勉強や中学受験に対する批判的な考え方や偏見を持っており、それを安易に口にしてしまうなら、子どもに影響を与えてしまうかもしれません。子どもは特に親からの影響を大きく受けるからです。

状況によっては、子どもの目標や受験そのものを見直さなければならなくなるかもしれません。また、塾には通いたくない、と言う子どもがいるでしょう。そういう状況でも自分の意見を押しつけるのではなく、そこも子どものやる気が自然に出てくるような形で決着を付けられるよう、よく時間を取って子どもと話し合いましょう。

子どもとの話はそんなに重要なのか?と考える方もおられるかもしれませんが、子どもはその時期何らかのストレスに遭い、気持ちを吐き出したいと願っているかもしれません。それに身近に対応できるのは、先生でもなく友達でもなく、親です。子どもに勉強を教える際も、一から十まで全て教えてしまうのではなく、子ども自身が「分かり」、応用できるように助けます。ぜひ定期的な意思疎通を行いましょう。