子どもの「意欲」を伸ばそう

子どもが「もっと勉強したい」、「たくさんのことを学びたい」と思うためには、子どもの頑張りに対して「良く褒める」ことが大切だと考えました。もう一つ行えることは、子どもの「意欲を伸ばす」方法です。子どもが「もっとたくさんのことを学びたい」と思うためには、子どもが学ぼうとすることを押さえつけずに、関心を持つたくさんのことに目を向けさせてあげることです。

例えば、勉強をしているときに他のことが気になって、親に質問してきたとします。そこは勉強とは直接関係ありませんが、子どもがふと関心を持った事柄です。そういった事柄に関して、「そんなことより勉強しなさい」と行ってしまうなら、子どもがせっかく持った関心の芽を摘んでしまうことになります。

子どもは無意識に、たくさんのことを自分から学習しようとします。学校の勉強もその一つで、子どもの意欲をうまく引き出す先生の生徒は、意欲的に学ぼうとして、成績面でも良い成績を収めます。親の皆さんも、子どもの話を良く聞いてあげ「なぜ?」「どうして?」と関心を示したことに関して、一緒に話してみましょう。そこから子どもの「学びたい」という意識が芽生え、より勉強も意欲的に行うようになるかもしれません。