誤解してはならない、子どもの能力

ある子どもは算数が得意だったり、また違う子どもは国語が得意だったり…それぞれで得意分野は異なり、関心を示すこともそれぞれ違います。子どもの生まれ持った才能を発揮して、様々な分野で活躍していることもあります。

例えば、算数は多くの子どもが苦手としている分野ですが、テストで点がとれず、何を勉強しても解けないと感じているのは、ただ単に「解き方」が一本道を外れてしまっているからかもしれません。算数を解くときには、他の教科よりも、より「分かる」ことが大切になります。言葉では表現し辛いかもしれませんが、こうすればどんな問題も解ける、というような裏技、解法が分かってしまえば、基本的な問題だけではなく、中学受験で必要とされるような、応用力が求められる問題も解けるようになるかもしれません。

そこでまず大事なのは、たくさんの問題に慣れることです。小学校の勉強だけだと、基本的な要素と答えの導き出し方しか学ばないので、子ども自身が「こうしてみよう!」という意識にはたどり着けないことが多いですが、塾などで身につける応用力に加え、たくさんの出題方法を経験することによって、今まで苦手だと思っていた教科も、得意と感じるようになることがあります。