実体験から学ぶ親の役割?後押し

とある中学受験を終えた母親は、悲嘆に暮れていました。自分の娘が、目標としていた中学校に合格できなかったのです。それだけでなく、いわゆる「滑り止め」として受験していた学校にも落ちてしまい、結局当初の希望とはかけ離れたと感じる学校への進学となってしまいました。

塾にも長い間通い、遊ぶ間も削って親子ともども必死になって取り組んできたのに、自分の子どもの努力が報われなかったことを考えると、悲しい気持ちになってしまいました。実際、こういった経験をされている親御さんは少なくありません。子どもが努力してきたこともそうですが、自分の子どもが優秀である、できる子だ、と信じていた親にとっては、なおさら複雑な心境になってしまうかもしれません。

この話を引き合いに出すのは、受験に落ちてから考えることではありません。受験を控えたお子さんを持つ親の方々に思い出して欲しいと思います。子どもにも相当のプレッシャーが掛かっているにもかかわらず、親までもが不必要な心配事をため込むなら、子どもはどう思うでしょうか。それがなお一層プレッシャーとなり、本当に必要な時に実力を発揮できないかもしれません。ですから、親は受験がどんな結果になっても、今までの努力を褒めてあげて、これからの将来に向けて、子どもの背中を後押ししてあげられるような、広い心を持つべきです。