中学受験で求められる「柔軟性」

中学受験で求められるスキルは、公式を当てはめれば解ける方程式を解くようなものだけでなく、その過程が「たかしくん」や「点P」などに置き換わっていても、すぐに頭を柔らかくさせて、どうすれば正しい問いを導き出せるようになるか、という、すぐに必要な公式を思い出すことのできる「記憶力」と、変わった問題が出題されても慌てることのない、「柔軟性」が必要になります。

中学受験の試験で出題される問題は、普段解いている問題の答えを導き出すまでの過程を良く理解していなければ解けない問題が多く、そこで頭を柔軟にさせられるかどうかがカギとなります。普段見たことのない問題が出てきてパニックになるのではなく、それがどんな言葉に置き換わっていても、見たことのない図が出てきても、今まで勉強したことを組み合わせて考えられる総合力が求められます。

これを培うためには、まず基礎をしっかりと理解していること、そしてたくさんの問題を解く、ということです。基礎が積み上がっていれば難問であっても解法を導き出すことができますし、たくさんの問題を解いているなら、様々な出題方法に対する柔軟性が培われ、それが本番の試験時でも発揮できるようになります。この2点を忘れないようにしましょう。