中学受験で求められる文章の「理解度」

中学受験で求められるスキルは、正確にアウトプットできる「記憶力」と、どんな難問にも柔軟に答えを導き出せる「柔軟性」、そして、物語の文章を理解する読解力−「理解力」が必要になります。

中学受験の国語で出題される問題では、より登場人物の心情や背景などを理解することが求められます。正しく文章中の意味を理解しているか、登場人物がなぜそのような発言、行動をしたのかを理解しているか、という点が問われます。まだ人生経験の浅い子どもにとっては登場人物の心情を理解することは、時に難しく感じるかもしれません。

読解力を高めるために、様々な本を読むだけでなく、なぜ登場人物がそのような行動をしたのか、なぜそんな行動を取ったのか、というように、普段から中身を読み解くよう訓練し、理解するよう努力することができます。ただ単に活字を追うだけではなく、様々な描写が言わんとしていることを読み取り、それが後の物語にどう影響していくか、そういった点を普段から考えるようにするなら、自試験で出てくる物語の理解も自然としやすくなりますし、試験で、その場しのぎで考えることがなくなります。「たぶんこうだろう」ではなく、「絶対これだ」と確信を持って応えることができるようになるでしょう。