偏差値アップのためのまとめ?

目標としている学校に進学するために、中学受験という道を選んだ子どもたちには、否が応でも「勉強」というカリキュラムが求められます。学校で耳に入っては抜けていくような時間を、復習して自分のものとする過程が必須です。その場しのぎで対応する能力ではなく、様々な論題に対応できる能力を培う必要があります。それはただ単に、算数の公式を覚える、ということだけにはとどまりません。

偏差値アップを目指して、志望校に合格するためには、様々なことが求められます。それには、同じ一時間、一日であってもより有効に使えるような効率の良い勉強法、そしてそれを持続するために、集中を切らさない、と言うことです。集中を切らさず勉強を行うためには、取り組む課題をコマ切れに分けて短時間で集中的に行うことができます。そういった効率の良い勉強が行えるなら、一日で復習できる量が増え、よりたくさんの知識を、より定着する記憶として保存しておくことができます。

試験時には、頭にたたき込んだことを正確にアウトプットする力が求められますので、普段からそれを習慣にしておくなら、試験の時も慌てずに、自分のペースを乱さずに行うことができますし、合否について心配しすぎるのではなく、問題を解くことに集中できます。